勤怠管理のクラウド方式により業務の簡素化が図られます

勤怠管理のクラウド方式とは、コンピューターシステムを活用して、全社員の勤怠を本社の担当部署で一元管理できる勤怠管理システムのことです。タイムカードによる勤怠管理が主流であった時代は、大きな組織の会社では、部署ごとにタイムカードを回収し、社員個々の勤怠表に記入した後に本社の勤怠管理部署に届け、本社で最終管理をするという形式を取っていました。特に、全国に支社を持つ会社組織では、支社ごとにまとめた勤怠管理表が本社に郵送されていました。しかし、タイムカードは本人以外の人物も押すことができることから、不正にタイムカードを利用する社員も存在していました。クラウド方式は、コンピュータシステムの発達によって可能となったものです。まずタイムカードが廃止され、個々の社員に支給される社員証を機械にかざすことによって、自動的に出勤時間と退社時間が記録できるようになりました。

それでも自分の社員証を別の人物に渡すなどして不正を働こうとする社員は出てきます。そのため今では指の静脈による個人認証システムを導入する会社も出てきています。いずれの方式によるかにかかわらず、クラウド方式ではコンピューターの社内ネットワークを活用して、瞬時に本社の担当部署に全社員の出勤状況が送られるようになりました。さらに残業手当、休日出勤手当などの時間外労働に関する支給額も瞬時に算出されるようになりました。クラウド方式による勤怠管理システムは、導入時には多額のシステム構築費用がかかりますが、構築した後は社内の業務が簡素化されることから、業種に関係なくクラウドシステムを導入する会社が増えてきています。クラウド方式によるメリットは、これまで各支社、各部署で行っていた勤怠管理の時間が無くなることです。このことから、それまで勤怠を管理していた社員が別の業務に携わることが可能になります。また、各支社や各部署で勤怠を管理するポストがなくなることから、社員数を減らすことも可能になります。個々の社員においては、タイムカードからクラウド方式に変更になり、勤怠で不正を働くことが難しくなったことで、陰で不満を漏らす社員も出てきます。

しかし逆の見方をすると、これまで他の社員の不正に対して、見て見ぬ振りをしなければならなかった真面目な社員にとっては、本来は必要のない気を遣わなくても済むようになったわけですから、職場の雰囲気がクリアになることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です