わたしの現在の勤め先での勤怠管理はパソコン上でおこなっています

わたしの現在の勤め先での勤怠管理は、パソコン上でおこなっています。現在わたしは、あるIT関連の仕事をおこなっている会社ではたらいています。そこでは、日々いろいろなシステムや装置、アプリケーションやツールなどの開発をおこなっています。このような仕事を行っている、現在のわたしの勤め先ですが、勤怠管理はパソコン上でおこなっています。社員、役員などに関わらず全ての人がタイムカードなどはなく、パソコン上での勤怠管理をおこなっています。具体的にどのような手法でおこなっているかというと、各社員用に月報用の電子ファイルがあり、自分でPCの電源をつけてその電子ファイルを更新します。自己申告制といった感じです。会社は社員のことを信用して、月末になるとある管理者宛てにみんながその電子ファイルを送ります。そして、その管理者の方がみんなからの勤怠用の電子ファイルをまとめます。

そして、その管理者の方は最終的な管理者の方へみんなの勤怠用の電子ファイルと、まとめた電子ファイルとを送っています。このような方法で勤怠管理を各個人と各管理者の方がパソコン上でおこなっています。そして、この電子ファイルも、それ専用のアプリケーションをつかってという訳でもなく、専用の管理シートをつかってという訳ではなく、自社のある管理者が作成した電子ファイルをベースとして、各個人に配布しています。このようなやり方なので、管理面ではとても楽で経費もかからずに行っています。そこで、このようなやり方をしているところが他でもあるのかというと、結構あるようです。実際にわたしの勤め先の仕事柄、いろいろなお客さんのところへ常駐することがあります。常駐しているときには、契約内容にもよるのですが、一般的に時間を算出するために、ある電子ファイルで管理しているといったところが多くあります。ただ、中にはしっかりとした管理体制で行っているところもあり、そこではしっかりとしたツールを使用して、各個人がそのツールを使って自分の勤怠を更新しているというところもありました。そして、そのツールに明記する内容も、朝何時に出社したかということや、何時に帰宅したかということは当然なのですが、どういった作業にどれだけの時間をかけたかということを記入するといったところもありました。

ただ、そういったところでは、各個人がとても大変で今やっている作業が何の項目に当たるのかというのが、人によってまちまちになってしまっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*